EVA PROJECT

 

EVA-500、始動

2015年、新大阪駅。未確認の色彩の超高速移動体が滑るように接近。エヴァシリーズのメカニックデザインを手がけた山下いくと氏が手がけ、原作者であり総監督の庵野秀明氏が慣習を務めた新幹線500系、通称500type-evaがついにお披露目された。

山陽新幹線の全線開業40周年と、新世紀エヴァンゲリオンの放送開始から20周年を記念した企画である。

新大阪と博多を1日1往復するスケジュールで運行され、車体の塗装(安全性の問題からラッピングではなく実際に塗装された。プラレール新幹線として利用されていたこともあり、非常にタイトなスケジュールのなか実現した)、

惜しまれながら2018年5月に運行を終了したものの、我々ファンの力もあり1年間延長して運行されたほど、本当に大きな反響のある企画である。

実際にチケットを購入して乗車したところ、いたるとこに「NERV」のマーク、案内音楽、座席や車内空間がすべてエヴァ仕様。さらに1号車は全領域コックピットの特別仕様だった。このパイロット体験は抽選だが、今回は取材ということで特別に乗せてもらった。写真は禁止だったので掲載できないが、素晴らしい体験ができるということは伝えたい。

ベラジョンカジノからみた500type-Eva

映画やドラマ、アニメとのタイアップ作品に限らず、それをモチーフにしたスロットは最近非常に多くなった。一昔前はヒットしたハリウッド映画をモチーフにした「〇〇の秘宝」とか「ヴァンパイヤ〇〇」が多かったのだが、今は映画関連の方から開発に話が持ちかけられることの方が増えている。ベラジョンカジノというエンタメ業界のその最中にいて企画にウンウン頭をひねっている身からすると、500系エヴァ新幹線コラボはお手本になるほど見事だ。

まず、原作者の監修があること、次にメカニックデザインの担当者がデザインを担当しているということだ。要するに「それっぽい」デザインではなく、1からデザインした「本物」になる。ベラジョンカジノでいえば、スロットマシンを山下いくと氏がデザインして、すべてのエフェクトやリールの出来栄えを庵野監督が監修して作成するスロットマシンになる。その場合、スロットマシンは単なるコックピットの操縦室に変わり、スロットの結果は使徒との対戦結果や状況の変化に過ぎないものになり、気がついたらジャックポットというような没入感のあるスロットマシンが出来上がるに違いない。

日本人人気No1 ベラジョンカジノ⭐️

ベラジョンカジノはどのカジノよりも早く日本語化や日本人向けのスロットを用意しており、日本人向けに親しみやすいサイトを作ったことで、日本での人気No1になったのがベラジョンカジノです。入金不要で登録だけで$30がもらえるウェルカムボーナスが用意されているほか、賞金総額$30,000のイベントも頻繁に開催する大手オンラインカジノの一つです。出入金もスムーズなほか、日本国内の銀行への送金も対応しており、日本語のサポートも用意されています♬

 

 

 

新幹線でカジノリゾートに行ける日が来た?!現場のCasinoとネットギャンブルやオンラインカジノはどう違うの?

新幹線でカジノリゾートに行ける日が来た?!現場のCasinoとネットギャンブルやオンラインカジノはどう違うの?

Read more...